Studio BLUE 1月 おうちピラティス♪

12月後半に入り、今年も残りあとわずか・・・。

先にご案内している通り、来年年明け1月はStudio BLUEは改装工事のため通常レッスンスケジュールをお休みさせていただきます。

会員の皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

NEW!Studio BLUEをどうぞお楽しみに!!!

 

1月のレッスン休講に伴い、「Studio BLUE おうちピラティス」を作成いたしました。

おうちピラティスでご自分の身体と向き合う時間をどうぞ大切にしてやってみてくださいね!

ふだんのベーシックマットクラスで取り入れているエクササイズの中から厳選したおうちピラティス。

モデルは私です。(笑) スマホのセルフタイマーで10秒間で走ってマットの上でポーズを取る・・・を延々と繰り返しました。

どうやら動画で撮ってスクリーンショットで写真にすればよかったらしいです・・・。苦笑!!!

 

大作ができあがりました。私もまだまだアライメントが完璧ではありません。胸椎の後弯カーブもまだまだ出てないし。

(こんな私なので皆さんの気持ちがよくわかります〜!!!)一緒にがんばりましょうね。

では始まります。長いですよ。(笑)

 

BLUE おうちピラティス

背伸びをして、リフレックスボールをお持ちの方は足裏から全身を動きやすい状態にしてからスタートするといいですね!

すべてのエクササイズにおいて呼吸は止めずに。(あまり吸う、吐く、どっちだ??と深く悩まないで・・・)

ご自身のその日の体調に合わせて無理なく行ってくださいね。(ケーブルテレビさん時代のおうちピラティスでよく言っていたセリフです、笑。)

 

〇佑弔麈腓ぅ錺ぅ疋好ワット

座骨を開いて股関節を動きやすくする効果があります。ふだん骨盤後傾位で立ってしまっている方、お尻をギュっと固くしてしまっている方、これで股関節のための動く準備をしましょう。

背中の真ん中から手を伸ばしてマットを押す。頭頂から足先までのエロンゲーション(伸び)を忘れずに。

足はマット幅くらいにして座骨が広がる方向を促します。

 

手はマットを押し続けることで体幹の安定が得られます。息を吐きながらお尻を後方へ引き、座骨が広がり骨盤の股関節ソケットに大腿骨(太もも)の骨頭がおさまりよく入っていくイメージを持ちましょう。お尻をすぼめて下げてしまうと股関節の動きをブロックしてしまうのでお尻を落とさないように後ろへ引きましょう。はじめは可動域は小さくで大丈夫。だんだんと可動域が大きくなっていき股関節が動きやすくなっていくのを感じながら動きましょう。

 

8回〜10回ほど繰り返してみましょう。

 

∪誼羸を通るためのエクササイズ(FRPエクササイズより)

うつぶせになり、フォームローラーを足にはさみます。

ふくらはぎの内側、かかとの内側と親指の内側でローラーを優しく包むイメージで。(ふくらはぎの内側はつかない方もいらっしゃると思います。あくまでも目安に。)

頭頂から足先までのエロンゲーションを意識して、胸から下が足だと思って太ももの前側は力が入らないようにしましょう。

胸から足!と思ってポジションを取ると腰椎がつぶれません。(ここ大事!)

お尻はぎゅっとしないで、ふわふわとろとろの状態が理想です。胸から下が足だ〜!と思いながらバタ足をします。ローラーをちいさく優しくころがすように。

柔らかいお尻は動きやすい股関節のための大切なポイントです。固くすぼんだお尻では股関節の動きをはじめからブロックしてしまいます。椅子に座る、立つ、スクワット、プリエ、ジャンプ(特に着地)、歩行時のかかとをつく、などお尻が衝撃吸収の機能を果たせるために、この練習をします。そして正中線を通る足のラインの学習になりますので股関節はとてもスムーズに動けるようになります。

呼吸をとめずに軽やかなバタ足エクササイズを!20秒、30秒、・・・1分!チャレンジしてみましょう!

 

フォームローラーお持ちでない方はうつぶせで足を伸ばしてリフトしていくだけでもいいですね。

この時もお尻は柔らかく。

 

サイドレッグシリーズ

正中線を通る足のエクササイズのあと、おすすめです。

片足でのバランス、歩きやすい足のために必須です。

頭頂から足先までのエロンゲーションのもと、やはり胸から下が足!と思ってエクササイズしてみましょう。

 

1・サークル

 つま先で壁に小さな円を描いていくイメージで。膝から下が曲がってしまうときは胸〜腹部〜太ももを伸ばしてつなげるようにイメージをしてみましょう。

 お尻自体はやわらかいままですが、重力に逆らって足を浮かせているのでお尻の側方と内ももはきついですよ〜。

 前回し、後ろ回し8回ずつを目安に。

2・サイドライン

 膝を曲げた状態での股関節の伸展・屈曲(足を後方へ伸ばす・前方へ動かす)は膝裏にギムニクボールをはさんで行うといいです 

 ね。もしくは膝裏に三角の積み木をはさんでいるようなイメージで。

3.サイドキック

 サイドラインの膝が伸びたバージョン。歩行のイメージですね。

4・クラム

足を閉じた状態からゆっくり写真のように開いていきます。閉じときはさらにゆっくり丁寧に。

内ももの後方が前へ、そして天井を向いていくように動かします。かかとの内側がつけたまま。

これもまたお尻はぎゅっとしないでお尻の深層筋を意識します。

 

ぅ屮奪オープニングス

 本のページをめくっていくイメージで。タイトルのまま・・・(笑)

 頭頂から足先までのエロンゲーションがある中で、胸椎のねじり、肋骨の左右差の調整、骨盤と肋骨の間を離していき、上半身の

 引き上げに効果絶大です!内ももをしっかり使って安定した骨盤で行うことでウエストが長く引き締まる感覚がありますよ。

  

手をひらいていき、目線は常に手をみます。必ず胸の延長戦に手が伸びるように。肩から先だけが先行してしまわないようにしましょう。まずは写真のように天井を見たところで一度頭が安定して枕やクッション等にのっていて首がラクなポジションを確認するといいですね。

胸の広がりや背骨の可動域は少しずつ。5回くらい往復する目安でやってみてください。

最後の写真のように後ろの床まで必ずしも手がつかないといけないわけではないですよ〜。

骨盤と足が動かないように。内ももや腹筋を意識しましょう。

 

左右行います。

終わったら一度立ってみると上半身が引きあがった心地良さが感じられます。

 

ゥ撻襯咼奪クロック

 写真では確認しづらいので(笑)画像なしです。

 仰向けで膝を立て、背中を安定させた状態で骨盤を時計に見立てて動かします。

 座骨を開いた股関節ソケットに大腿骨の骨頭が心地よくおさまった状態で股関節のすぐ上の腹筋深層部(内腹斜筋といいます)を

 使って地味に穏やかに優しく(笑)動かします。 

 吸う息が背中や仙骨に届いたら座骨を遠くのマットにつけるように骨盤を遠ざけます。(6:00)

 吐きながら座骨をマットからはがして骨盤を自分の顔の方へ向けてきます。(12:00)

 9:00、3:00、クロック(左回し、右回し)もやってみましょう。

 骨盤の左側が3:00、右側を9:00としてやってみましょう。足で、お尻で、腰で、動かさないように。下腹の奥を薄〜く使ってみ 

 てください。(地味!!!)腰をつぶさないように気をつけて。背骨のあいだにスペースを作っていくようにイメージするといい 

 ですね!

 

Ε屮螢奪

 

ペルビッククロックと同じように始めていきます。

お尻を少しずつはがしていきましょう。かかとを踏み、そしてつま先の2点へ。膝を遠くへ送り出すイメージで。

太ももの前側が伸びて股関節の縦のスペースをだしていきます。お尻自体はぎゅっとしていないですが、お尻下部とハムストリングス、内もも、よく効きます。(笑) もちろん頭頂から足先までのエロンゲーションがないとその感覚は得られません。

肩甲骨は肋骨の背中側のカーブにきれいに沿わせておくイメージ必須!!!そうしないと肩がつまりますよ・・・。

アームアークスを足してみましょう。

体幹の心地よい伸びとつながりが得られます。

手は背中から! 手を戻しおろしていくと同時に背骨をやわらかくロールダウンしてマットへ戻していきます。

背骨ひとつひとつをしなやかに。余裕があれば背骨のあいだの椎間板を縦に広げるようなイメージで。背骨が伸びます!

レッグシリーズで足のラインも整っていれば下肢からのつながりが股関節を通して得られます。

 

呼吸はとめずに、回数は5回〜8回くらいやってみましょう。

チャレンジは片足で。ローラーを足元に。などなど・・・。

 

Дールフォワーズ

しっかりと立てる、歩けるためにとても大切なエクササイズです。

身体の前後のバランス、体幹の安定、背筋を鍛える、レッスンでもいつも欠かせないシリーズですね。

手だけ片手ずつ離してバランスを取り、体幹が安定できるようになったら足も動かしていくといいですね。

 

これもまた。もちろん。頭頂から足先までのエロンゲーションがある中で動きましょう。

そして胸から下が足!と思って。安定してできるようになったら歩行のイメージで胸のねじりからの全身の連動が得られるいいですね!写真のようにローラーを正中線に見立てて自分のセンターと合わせて軸がずれないようにやってみましょう。ローラーをお持ちでない方は畳の縁などを利用してもいですね!

FRPエクササイズではローラーをまたいで足を出すときにより腹筋が意識できたり、ローラーを横にして手をローラーについて行う、もしくは膝下をローラーに乗せてバランスを取りながら行う楽しい(難しい!)シリーズもあります。FRPクラスでこのような楽しく効果の高いエクササイズもたくさん取り入れて行っていますよ〜。

 

立位 スクワット・ランジ

 

 

立位で仕上げ!

不安定な場合はローラーや壁を支持に使って行いましょう。

股関節のための動きができているか考えて行いましょう!

お尻をギュっとしていないので股関節が動けます。大臀筋がしっかりと遠心性収縮という本来の機能を出せるクライマックスがスクワットともいえます。レッスンではシングルレッグスクワットも行っていますが、おうちピラティスでは無理のない範囲で行ってくださいね。

 

以上、BLUEおうちピラティス でした。

な、長かった・・・

 

近いうちにプリントも作成しますね!

少しお待ちくださいませ。

 

 

長崎でピラティス

スプラウトワークス植物

Studio BLUE

ミワコ

 

 

スプラウトな日々


赤ちゃんのガラガラ♪

ビューゲルさんに注文していたガラガラ♪が届きました。

 

ひとつは長くピラティスを一緒にしてきた綾ちゃんの赤ちゃんに。

もうひとつは東京に住む友人の赤ちゃんに。

8月。たまたま4日違いで生まれた可愛い赤ちゃん二人のお祝いにビューゲルさんにガラガラを頼みました。

 

 

綾ちゃんの許可をもらって・・・ガラガラを持つあきとくん!

もうすぐガラガラで遊んでくれるかなぁ。この日はまだ無関心でした。(笑)

 

栄町の小さなスタジオの頃からピラティスを続けてくれている綾ちゃん。

安定期に入ってからはプライベイトレッスンで頑張りました。

あきとくんがゴロンと転がっているまさにこの場所でお腹の中のあきとくんと一緒にエクササイズをしていました。

 

ビューゲルさんのガラガラやその他の小物、アクセサリーなどが浜屋さんにて手に取って見ることができますよ〜。

19日まで浜屋4階でイベント開催中です。お時間がある方はぜひ寄ってみてくださいね!

BLUEの椅子も受注サンプルとして出張勤務しております!(笑)

 

そうそう!先日ビューゲルさんの密着取材のコーナーがNBCテレビさんで放送されました。

ちょこっとBLUEも登場しました。(笑) 

 

 

ピラティスで広がるいろんなご縁。嬉しいです!

 

 

長崎でピラティス

スプラウトワークス

Studio BLUE

ミワコ

 

 

 

 

 

 

 

 

スプラウトな日々


座骨と股関節

 

座骨と股関節。どちらも私たちの骨盤上で存在しています。

 

 

BLUEの用心棒スタンくんの骨盤です。

 

簡単に紹介すると・・・。

座骨は骨盤の下の部分、前から見るとメガネみたいなところ。

股関節は大腿骨の骨頭がソケットにおさまっているところ。

 

(赤いシールは腸腰筋の一つ、腸骨筋の起始・停止です。FRP for Ballet のオープンクラスで貼ってから貼りっぱなし・・・笑)

 

どちらも同じ骨盤上で存在しているので、座骨を狭くしてしまうと骨盤自体を狭めてしまうことになるので股関節は窮屈で動きづらい状態になります。

 

なのに・・・!!!

 

お尻をギュっと閉めたほうがいい!という説をまだまだ世の中で多く耳にします。

 

お尻を閉めておかないとお尻が垂れるからヒップアップのために閉めている。

 

もしくは、そんなことはしていないけど、骨盤を後傾したポジションをとってしまっている。

(骨盤を後ろに、下に倒して恥骨を突き出したような状態が後傾です。)

 

反り腰だからお腹とお尻でぎゅっと挟むようにしめている。

 

などなど・・・。

 

どれもこれも座骨を狭くして股関節が動きづらい状態にしていることになります。

 

股関節が動きづらい状態ということは腰や膝や足首に負担をかけてしまいます。

 

それが長く続けば・・・。(怖いですね・・・)ひやひや

 

 

それだけではありません。

 

座骨を狭くすると骨盤底筋ももちろん狭くしてしまっているということになります。

骨盤底筋を固めて、隣接する内転筋も動きづらい状態に・・・。

 

そして呼吸が入りません・・・。

横隔膜と骨盤底筋。この二つの隔膜が呼吸の際にコミュニケーションを取りながら収縮と弛緩を繰り返します。

吸うときに横隔膜は収縮しながら下に降り、骨盤底筋は弛緩してそれを受け止めてキャッチボールのようなコミュニケーションをしています。横隔膜は自分で下がった分、自分で巻き戻り、もとの位置に戻ります。座骨を狭くしたり、お尻をギュっとしてしまっていると骨盤底筋がキャッチボールに応じてくれないので呼吸は浅くなります。横隔膜の動きが小さいため内臓の動きも鈍くなるでしょう。

 

椅子に座る、立ち上がる。

階段をあがる、降りる。

ジャンプする準備、そしてその着地。

歩くときのかかとをつく初めの一歩。

スクワット。

バレエやダンスのプリエ。

 

あらゆる動作の準備ともいえる股関節の動きを妨げないでください。

せっかく神様がとても使いやすく、歩きやすい身体を作ってくれているのにそれを壊さないでほしいです。

 

大臀筋は遠心性収縮といってギュっとしない収縮で本領を発揮します。

お尻をギュっとしている時間が長いとこの素晴らしい衝撃吸収の機能が崩れてしまいます。

 

それが長く続けば・・・。(やはり怖いですね・・・)ひやひや

 

股関節の使い方が良くなるとパフォーマンスがぐっと良くなります。

効率がいいので足も腰も快適です。

 

骨盤や股関節のニュートラルなポジションがまだまだ誤解されています。

頭位からのエロンゲーションがあるなかで、その方にとって適切な柔らかい股関節で立てる位置が骨盤や股関節のニュートラルでありたいわけです。

 

そのうえで、背骨の生理的湾曲があります。S字カーブですね。

 

S字カーブでの3つの「突」!大事です。

 

胸椎の後弯カーブは赤ちゃんがハイハイをするときに前鋸筋とともに作られるといわれています。

 

ハイハイの大切さについてはまた次のブログにて・・・。

(想いが強すぎて書き始めたら長くなるので分けます〜。)

私なりの表現などわかりづらかったりしたらすみません・・・。

 

 

皆さんの骨盤は健やかですか???わーい

 

 

 

長崎でピラティス

スプラウトワークス植物

Studio BLUE

 

ミワコ

 

 

 

 

 

 

 

 

スプラウトな日々


パワ子♪

パワ子♪=パワーポイント(プレゼンテーションソフト)

10月22日に開催いたしましたStudio BLUE秋のオープンクラスで使用するスライドに初トライしました。

内容は以前から書き溜めていたのですが、構成するとなるとなかなか手間取る・・・。う・・・。

 

 

一番伝えたい想いは何か?

今回のオープンクラス「FRPバレエ分科会より発信 重力に負けない伸びやかな身体になる」は FRP for Ballet 〜Prologue 〜 と題して 固めない身体とその理由、正中線を通る足、など身体本来のデザインを知り、効率的に動くための基礎的な理解をしていただけるように、理論とFRPエクササイズの両方を通してお伝えすることにしました。基本原則を踏まえた姿勢や身体の効率的なコントロールができてからエクササイズのレベルアップもしていきたいのでlevel1,2 も今後の計画としてプログラムしていきたいと思います。

 

 

↑劇団BLUE。横隔膜と骨盤底筋が呼吸のときにどのように動いているか の寸劇。(笑)

ご参加の皆さまにもやっていただきました。お尻をぎゅっとする呼吸が浅くなってしまい、座骨を狭めてしまうことで股関節の動きもブロックしてしまうことも身体で感じていただきました。とても危険なこと・・・ですね。

 

2時間半やはり少し時間を押してのクラスとなりましたが、今できる精一杯のものは出せたと思います。

 

ピラティス、バレエ、新体操、そのほか運動指導に携わる皆さん、そして現役の若いダンサーさんたちにまずは身体で理解していただき、安全な運動指導ができるように草の根運動が広がっていくといいなー。

 

 

効率的な身体のしくみや使い方はみな共通。それができてからはじめてそれぞれの特化したものにフォーカスしていくことが大切だと思います。順序を飛ばしてしまうときっとどこかでしわ寄せがきます。

 

 

ピラティスは運動学習メソッド。

よい身体の使いかたもそうでない使い方も無意識に出てしまいます。

基本原則に沿ったピラティスエクササイズを繰り返すことで身体が良い習慣としてそれを覚えてくれるように。

 

微力ながらコツコツとお伝えしていきます。

 

ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願いします!

 

またLvel 1,2 でお会いできることを楽しみにしています。

 

大好きなことを長く安全に続けていけますように。

 

 

長崎でピラティス

スプラウトワークス

Studio BLUE

ミワコ

 

 

スプラウトな日々


輪♪

真夏日を思わせるお天気に恵まれた長崎くんちも終わり、少し寂しさも感じるくんち好きの私・・・(笑)

おくんち後日、朝の諏訪神社での奉納へ立見席で行ってきました〜。

前日に電話で問い合わせたところ、もちろん桟敷席はもう完売してるけど当日発売の立見席券がある!という嬉しい情報。

苦手な早起きをしてまだ暗い諏訪神社へ行って並んだ甲斐があってゆっくりすべての奉納踊りを見ることができました。

(立見席だけど、足をおろして座れるところをゲット!)

 

早朝の諏訪神社で懐かしいケーブルテレビさんの担当者の方とお会いしました。

「やさしいおうちピラティス」を3年間一緒に作った方です。その方にお会いして初心に帰ることができた気がします。

お諏訪さんからのメッセージですね、きっと。すぐ傲慢になるからね〜、私・・・。

 

さてさて。

先週はスケジュール調整をさせていただき、マリジョセ先生のPLIコースを3日間受講して参りました。

いつも会員の皆さまのご理解に感謝です。ありがとうございます。

身体の内側を探求するというタイトルのこのコース。6月の「足部」に続いて今回は「背骨・骨盤」にフォーカスした内容でした。

 

IMG_0767.jpg

 

ちょうどこの時期にノーベル賞で体内時計のことが評されていたことにマリジョセ先生が深く感銘を受けてコースの中でも身体の内部の巡りについてもよくお話しされていました。いつもマリジョセ先生のコースでは初日の座学の時間にたくさんのインフォメーションをいただだくのですが、毎回それが大変興味深くて私は食い入るように見て、聞いて、書き取って、必死についていっております。(笑)。お話を聞く度に思うのが私たちの身体は実に巧妙なデザインをされていて、上手く連携できるようになっているのだなぁとワクワクしてしまいます。私たちを取り囲むいろんな組織が直線ではなく、曲線やらせん状、そして「筒」状だなぁと思うところも最近は私の中でのヒット!クラスでも胸郭の動き、呼吸の際の横隔膜と骨盤底を含む全身の拡張性、そしてその大活躍の胸郭のアライメントや動きを重視しています。もちろん頭位からのエロンゲーションの中で。整ったアライメントのもと、で動くこと、呼吸することの重要性が健やかな日常生活のために不可欠なのです。

 

IMG_0929 (1).jpg

背骨のあいだにある椎間板の外周は繊維輪という輪っかの層になっています。しかも各層の筋膜が斜めの構造!

その髄核が水分を惹き付ける性質があり、椎間板が私たちが夜眠っているあいだに修復されるのだそうです。

拡張した膨らみを復活させている!!! 素晴らしい〜。質の良い睡眠は大切ですね!良い眠りで身長が伸びるかも!

 

適切なアライメントと呼吸による横隔膜の動きから得ることができる腰椎サポートの紡脊柱線硝(ぼうせきちゅうせんしょう)という内なるガードルがあるのですが、これも筒状! なんとまぁ。曲線、らせん、筒、丸みを帯びたものが多い私たちの身体はやっぱり面白い・・・!

 

勉強や日々のレッスンを続けているとたくさんの身体のつながりが見えてきます。

そんな私の想い、メッセージを伝えたい Studio BLUE秋のオープンクラスは10月22日(日)10:30〜13:00 に開催です。

 

ファンクショナルローラーピラティス バレエ分科会より発信 〜重力に負けない伸びやかな身体になる〜

バレエやダンスの指導の方、運動指導に携わる方、理学療法士の方、そしてご自分のライフスタイルの中にバレエやそのほか特化したスポーツがある方。まずは動きすい身体について理解し、そして特化した動きにつなげていけるピラティスをぜひ感じていただきたいと思います。

お申込みはStudio BLUEまでメールにて好評受付中。

hanasaku017101@gmail.com

 

参加費3000円(身体に嬉しいルイボスティー付き)

 

 

健やかな秋を過ごしましょう〜!

 

長崎でピラティス

スプラウトワークス

Studio BLUE

ミワコ

 

 

 

 

 

 

 

スプラウトな日々


身をもって感じることの大切さ♪

東京滞在21時間!たぶんこれまでで最も短い・・(笑)

めずらしく往復共にけっこう飛行機が揺れました。行きは特に!!!

ジェットコースター級でございました・・・。(;´д`)

飛行機には慣れてるつもりでしたが、久しぶりに怖かった〜。

 

オーストラリアのバレエ団で専属セラピストとして活躍されている佐藤愛先生の「DLS ダンサーを診る治療家・トレーナー向けプログラム」に参加してきました。

今回一番感銘を受けたのは、講師の先生の「伝えたい想い」がたくさんあふれていたことでした。同じ想いで子供たちや若いダンサーを診ることができる人のつながりを作っていきたい、そして何よりダンサーたちに充実したダンサーとしての時間を少しでも長く送ってほしいと願って活動していらっしゃる方です。

海外のバレエ団のダンサーたちの環境、日本でのバレエ教育の現状や環境について 実際にその現場のことを知り尽くしていらっしゃる先生のお話を聞くことで、私はダンサーの方だけとピラティスをしているわけではありませんが、ダンサーだけではなくその道に特化したスポーツをされている方々とのレッスンの際に大切なことを見なおすよいきっかけになりました。

 

(天井の高い気持ちの良いスタジオでした。)

 

私は治療家ではありませんが、いろんな世代、様々なジャンルの方々へピラティスを通じた身体の使い方やトレーニングの提案をさせていただいています。その方のおかれている環境や体調に応じて焦点やゴールを定めた計画性のあるプログラムを立てることができるようになることは私の課題であります。今回のセミナーではバレエ経験がない治療家の方々も実際にバレエのレッスンを受けることで身体でクライアントさんの状態や気持ちを体感する大切さも学びました。久々に動く私も相当大変・・・(笑)基本を少しだけなのに・・・。バレエの動きはほんとに大変なのです。もちろんその他の特化したスポーツも。

理想論を並べてしまいがちな私も大いに反省! だって自分はできないじゃないっ。(笑) 

 

そのうえで、日常での身体の使い方、そして特化したバレエやスポーツで対応できる身体づくりを目的やクライアントさんに応じて適切にサポートできるよう努力しなければ・・・!

 

来月Studio BLUEで開催するFRPバレエ分科会より発信のオープンクラスでは、バレエやそのほかあらゆる運動の指導者の方、そしてバレエやダンス、その他のスポーツがライフスタイルにある方にまずは動きやすい身体の使い方や姿勢、立ち方などの基本を知っていてほしい、気づいてほしい、という想いがあります。そのうえで特化した動きに対応するためにはどう身体をコントロールするのかを提案していきたいと思っています。もちろん私自身がまだまだ発展途上であります。いろんな方との出逢いの中でよりよい人生が送れるお手伝いができるよう日々挑戦していきたいと思います。

 

(ローズマリーの花かだくさん咲いています!)

 

 

FRPバレエ分科会より発信

Studio BLUE秋のオープンクラス 

2017年 10月22日(日)10:30〜13:00 

理論と実技の両方をバランスよく取り入れていきます。

参加費 3000円(身体に美味しい優しいルイボスティー付き)

 

ご参加お申込みはメールにて

hanasaku017101@gmail.com

 

少しずつご参加のご連絡をいただいています。

ありがとうございます。

嬉しいな〜。

 

 

長崎でピラティス

スプラウトワークス植物

Studio BLUE

ミワコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スプラウトな日々


マーメイド♪

甥っ子と姪っ子が長崎へやってきました。

社会人一年目の甥っ子は宮崎から車で(休憩入れて片道約5時間かかったらしい!)、姪っ子は大阪から飛行機で。

超!久しぶりの長崎なので、おばあちゃん(私の母)も大喜びの週末となりました。

 

と、いうわけで・・・。

お墓参りへ!

お花を買っていざ出陣!と思いきや・・・。

いつも停めさせていただくハタ屋さんの駐車場が満車!(ー_ー)!!

(近くの学校で体育祭のようでした。)

ハタ屋さんが「ちょっと歩くけど下の方に駐車場ありますよ〜。」と教えてくださったので車で行ってみるとそこはもう瓊浦高校の手前でした・・・。風頭公園から瓊浦高校まで。土地勘がある方は想像してみてください。それにプラス・・・いつもの階段攻撃!笑。

いつもよりもバージョンアップしたお墓参りエクササイズになりました〜。

IMG_0477 (1).JPG

 

前を歩く姿勢の悪いのっぽさんには朝から熱血姿勢改善指導をいたしました。

家でもできる簡単なエクササイズなのですが、彼にとってはまずこれが必要!!!

マーメイド!!!

(写真はあるのですが、とてもネット公開できる状態ではない!笑)

思った通り、笑えるぐらい伸びない側があります。回旋も入れるとさらに・・・

押しつぶされた内臓を救え!大作戦です。見た目もね・・・。

 

マーメイドはとても大切なエクササイズです。

呼吸が入るスペースを作り、エロンゲーションの準備になります。

そう、準備。

押しつぶされた状態を改善しながら頭位からのエロンゲーションがあり初めて本来の姿勢へと近づくことができます。

それからベーシックマットエクササイズやFRPエクササイズを取り入れていくことで抗重力の姿勢を作っていけるのです。

 

さわやかな風を感じれるようになってきた9月。

伸びて、身体に呼吸が入るスペースを作って元気に過ごしましょう〜!

IMG_0511.JPG

亡き父をはじめたくさん原爆犠牲者の方のご冥福と平和を祈りつつ。

(15時の平和公園はまだまだ真夏!でした。)

 

 

長崎でピラティス

スプラウトワークス植物

Studio BLUE

 

ミワコ

 

 

 

 

 

 

 

スプラウトな日々


FRPな二日間のご報告♪そしてお盆です。

お盆休みをいただき、のんびりさせていただいています。(ちょっとダラダラ)

13日は快晴!

風頭の小川ハタ屋さんの駐車場に車を停めて、いざ出陣!お墓まいりです。

以前は毎月お掃除とお参りに行っていましたが、日曜日に出張で長崎にいないことが多いので最近では2ヶ月あいてしまうことも・・・。(ご先祖さまゴメンナサイ)

我が家のお墓は見晴し抜群!階段だらけ!&運動量も半端ない!(特に夏は・・・)しかし、この景色を見るとホッとします。(帰りはもう振り向く余裕がない・・・!笑)

長崎では体力勝負のお墓参りの地域もめずらしくないですよね〜。ごらんのとおり「すり鉢状」の町ですから・・・。

近年では長崎のお墓参りの事情がずいぶん様変わりしてきているように思います。お墓で耳にする爆竹の音も少なくなりました。初盆のお墓での提灯をたくさんかけているところも減ってきています。明るいうちにお墓参りを済ませてしまうご家庭も多いですね。

時代の移り変わりを感じながらちょっぴり寂しい気がします。

 

お盆前には10日、今月5週ある木曜日スケジュールを調整させていただき東京・八王子にあるFRP本部での中村尚人先生のFRP上級クラスへ参加してきました。

平日の16時開催という時間帯にもかかわらず多くのインストラクターが参加しています。(一般の方もいらっしゃいます)もちろん、通える距離とスケジュール調整ができることが前提ですが、自分自身のためのレッスンを受ける時間を作る努力をしている皆さんすごいな〜。マスタートレーナー仲間がこの日は私を入れて7名も参加!みんな熱いね〜。そして自分にストイック!

(レッスン後。タオルは大きめのものでないと汗でじゅかじゅかになります・・・。水を飲む暇もないくらい!テンポよくがっつり動きます。)

 

今回は尚人先生のクラス参加を目的として、それに合わせて私が世話人をさせていただいているFRPバレエ分科会を目に見える形を作っていけるよう所属のメンバーさんに会って話をすることも大きな目的でした。

尚人先生は口には出しませんが、レッスンの内容はダンサー向けだな〜と感じる要素が満載で言葉ではなく動きながらメッセージをもらえた気がしました。(ありがとうございます!)

私がバレエ分科会で打ち出したいことは特別なことではなく、だれにでも必要な共通事項を改めて確認をし、おこりえる誤った身体の使い方、そしてエクササイズを通して動きの効率性と特化した動き(ここではバレエ・ダンス)への対応性を出していきたいと思っています。

お会いできたメンバーさんの一人は現役のダンサーさん。ママであり、FRPインストラクターであり、舞台にも立っておられます。今回は少ししかお話しできませんでしたが、私が一番聞きたかった意見も聞くことができました。もうお一人は二日目にお時間を空けていてくださっていて代官山のスタジオへお邪魔してゆっくりバレエ・ピラティス談義をして、動きのシェアもできて充実した時間でした。

 

FRPの分科会はその世話人に託されている活動です。あらゆるスポーツや特化した動きに対応できるFRPを目指しています。とはいえ、各世話人はみんなそれぞれ多忙を極めるマスターたち。ミーティングなどが行われて少しずつ形になっている分科会もあれば、まったく活動がすすんでいない分科会も少なくないようです。私が担当するバレエ分科会もそうでした・・・。昨年9月のカンファレンスで私の考えを織り込んだ内容のレッスンをさせていただきましたが、それ以来何もできていませんでした。そんな私にヤル気を起こす刺激をくれたのはFRPマスタートレーナーの仲間たちでした。今年春から始まったマスターの練習会では尚人先生から毎週新しいことを吸収しているメンバーがそれを全国のマスターにシェアし、養成コースや日頃の現場での意見交換をして、パワーチャージできる素晴らしい時間です。それを企画したり実行するという力があり、それを出せるということは簡単なようで意外と誰でもができることではないと思います。そんな環境や仲間がいることでちょっとくすぶっていた私にもクリエイティブな活動力が湧いてきました。ピラティスをお伝えするときに現場で感じる様々な問題や誤った伝わり方、身体の本来のデザイン性に逆らった使い方などを修正し適切な身体の動かし方をお伝えできるのは、現状としてスタジオに来てくださる方対象です。スタジオの外に向けて想いを発信するためにもFRP分科会を担当できるのは私の強みなのだと思えるようになりました。

 

長崎でまず小さいながらにも表に出せるように、そして2月のFRPイベントやまた次のカンファレンスでも打ち出していけるよう、少しずつ形にしていきたいと思います。

 

 

自宅リビングにて、長々と。(笑)

 

長崎でピラティス

スプラウトワークス植物

Studio BLUE

ミワコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スプラウトな日々


ピラティスっていいね♪

やっぱりピラティスっていいね!

あらためて再認識し、そしてとても嬉しい!

 

7月最後の週末は福岡にあるピラティスラボにて開催されたワークショップに参加してきました。

べス・A・カプレニク先生の「股関節と膝関節疾患のためのピラティス」

 

ポールスターピラティスのエデュケーターのべス先生は看護士であり、そしてフィットネスでの指導も長年されてきたとても活動的な方です。そのあふれるエネルギーと明るい笑い声とともに2日間繰り広げられたテンポのよいスムーズな講義と実技はとても充実したものでした。

 

近年増え続ける股関節、膝関節疾患の方。

私は治療家ではありませんが、ピラティスの指導者として、その疾患に悩まされる方と接することが多いのが現状です。

正しい知識を持って接しなければいけない!そう思って参加したワークショップでしたが、その知識の伝達はもちろんのこと、そればかりかピラティスの素晴らしさを再認識できる素晴らしい時間となりました。

 

(ピラティスラボさん Facebookより)

 

べス先生ご自身が人工股関節置換術を受けておられ、ピラティスを通じてご自身の身体の状態を維持・向上させることができておられること。そしてたくさんのクライアントさん達にピラティスの指導をされてきた実績があること。講義の内容すべてに説得力があり希望が湧いてくるワークショップでした。

 

産前産後のケアでも学んでいて感じましたが、やはり術前術後のセルフケア、エクササイズはとても重要であり、そして効果的です。

手術に至らない場合ももちろんのこと、すべての人に大切なこと。自分の身体とどう向き合い、どう身体を使っていくべきか。

その最適な答えにピラティスがあります。(このフレーズ、いいね!)

 

「ピラティスは明確なガイドラインにしたがい、原則にのっとって実践すれば、関節の可動域と柔軟性を高め、コアコントロールし、スタミナをつけ、ストレッチをするための実に効果的なエクササイズになる。また、心と身体が全体としてよい状態におかれることにもなる。・・・・・・個々のクライアントのニーズに合わせることができる。それにより関節や靭帯にストレスをかけることなく周囲の筋肉を鍛えることができる。」(「股関節と膝関節疾患のためのピラティス」より)

 

ピラティスってすごいね〜拍手

 

クライアントさんとのコミュニケーションとモチベーション向上を一緒に見つけていくことも大切です。

 

ほんとにそう。私もまたコツコツ頑張ろう。たくさんの笑顔を見たいな〜。

 

とても大切なことを再認識できた時間を持つことができました。

 

感謝。

 

べス先生の頭からジョセフ・ピラティス氏のお尻と足が・・・! (笑)

 

 

 

長崎でピラティス

スプラウトワークス植物

Studio BLUE

 

ミワコ

 

 

スプラウトな日々


FRPマスタートレーナー勉強会♪

毎日真夏日が続きますね・・・。

しっかり睡眠、適度な運動、適度な食事、こまめな水分補給も忘れずに。

 

先週の今頃は笑っても咳をしても腹筋が痛かったことを穏やかに思いだしております。アイタタ・・・

海の日連休はFRPマスタートレーナー勉強会のため藤沢へ。江の島に近いところです。(江の島といえばサザン!!!)

 

 

東京・八王子のFRP本部で毎週開催されている中村尚人先生のFRP上級クラスへこまめに参加しているマスタートレーナー仲間3人が

日々進化している尚人先生から直接学んだことの数々を惜しみなくシェアしてくれるありがたい勉強会です。

正中化を促す新しい発想のエクササイズや上部胸椎の動きを効果的に引き出す方法など、他にもたくさん伝えていただきました。

今回で2回目の開催となるこの勉強会では普段それぞれの地域で忙しくがんばっている仲間たちとディスカッションできることもとても私の励みとなっています。

素晴らしい仲間がいることは本当に幸せなことですね。

独りよがりの知識や動きに偏らず、よりよい方向へとつながるとても大切な時間です。

 

 

9月10日は東京にて「FRPカンファレンス2017」が開催されます。

一緒に養成コースのお仕事をしている大分の村木マスタートレーナーもレッスンを担当します。

「スポーツはローテーションが鍵!〜ゴルフ指導の視点からみた障害予防〜」

私もマネージャークーピーももちろん村木先生のレッスンに参加します〜!

 

中村尚人先生の特別レッスンであるキッズFRP!や各マスタートレーナーによるセミナーやレッスンが盛りだくさんです!

 

あ、その時たまたま東京だ!という方などご興味のある方はぜひFRP事務局HPをのぞいてみてくださいね〜。

 

同じく9月16日・17日・18日は大分にてファンクショナルローラーピラティス ミドル養成コースを開催いたします。

私も16日夜から講師として村木先生、内先生とともに養成コースを担当いたします。

九州でFRPのベーシックインストラクターの資格を持っていらしゃる方はぜひ次のステップへチャレンジを!ご都合が合えば大分でお待ちしています!

 

東京でのFRPカンファレンス、大分でのFRPミドル養成コース、お申込みはともにFRP事務局HP内のカートよりご案内しております。frpilates.com で検索できます。いろんな情報も載っていますのでFRPにご興味のある方はHPをのぞいてみてくださいね!

 

 

暑さ厳しき折、皆さまどうぞご自愛くださいませ。

(ついついアイスに手がでる〜)

 

長崎でピラティス

スプラウトワークス植物

Studio BLUE

 

ミワコ

 

 

 

 

 

 

 

 

スプラウトな日々



メニュー

新着記事

コメント

  • 3月レッスンスケジュール♪
    Studio BLUE
  • 3月レッスンスケジュール♪
    川ちず
  • 自然に楽に呼吸ができるために。
    原口千春
  • まだまだ・・・これから・・・もっと!
    miwako
  • まだまだ・・・これから・・・もっと!
    takako
  • FRP体験会報告♪
    ミワコ
  • FRP体験会報告♪
    takako narabayashi
  • ももちゃり♪
    miwako
  • ももちゃり♪
    kimi
  • 長々と立ち話・・・
    ミワコ

アーカイブ

Sprout worksについて

[ピラティスでこころとカラダの調和の芽を育てたい]と、いう思いをこめたミワコピラティスの名前です。

sprout・・・ 生長し始める、発芽する
works ・・・活動、作用、勉強、努力、仕事

自分自身も勉強を続けながら、一人でも多くの方々にピラティスを知っていただきたい、 こころとカラダを調和させて健康に楽しく人生を過ごしていくお手伝いが少しできたら・・・、そんな思いが詰まった大切な名前です。

私が生まれ育った大好きな長崎からピラティスパワーを発信していきます!

Special Thanks!

サイト内検索

others

携帯サイト

qrcode